« 大変です。 | トップページ | 日曜 も 大工 »

2008年9月27日 (土)

敷居とは…

今週も帰って来ました。
さて、福岡の現場先週からやっと内部工事に入れるようになりました。
まずは床あげから、 なんですがこの家全ての入り口に敷居が入ります、(しかも方引きばかり)敷居の厚みがあるので根太より先に敷居を納めるようになります。 なのでなかなか床が上がりません…
こんな感じ
Dsc01066
最近の新築では、床の段差をなくす為に敷居を入れることが少なくなりました。この家もバリアフリー仕様なのでこんなに厚い敷居を入れてもこの厚さは見えることはありません。床板を張ると段差は5厘(1.5ミリ)です。

『敷居が高い』とか『二度と家の敷居はまたがせない!』など言うように敷居って家にとって大事な物だと思う。
改造する時、床が全部つながってるより敷居で床が別々になってたほうが工事しやすいですよね。

来週から敷居入れは親方、自分は床張りだ、 来月は階段掛けが待っている、プレカットじゃなく原寸出しから加工取り付けまで全てさせてもらえるので楽しみ〜。

頑張ろーっと。(*^ー゚)bグッジョブ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ ←ランキングに参加しています。

        宜しくお願いしますconfident

« 大変です。 | トップページ | 日曜 も 大工 »

大工工事」カテゴリの記事

コメント

敷居も減り階段もプレカット。

便利になったけどやっぱりつまらんですね。
世の中の流れに材木屋の目論見に
乗らんように自分も躯体と階段は
墨付けして刻んでます!

>ダイツネさん

おはようございます。
プレカットばかりじゃ面白くないです。
せっかく覚えた墨付け忘れちゃいそうです。
手造りが一番!

だが、手間請けではそうも言ってられないですが、

行って来まーす。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502089/42624060

この記事へのトラックバック一覧です: 敷居とは…:

« 大変です。 | トップページ | 日曜 も 大工 »